化学

覚えない あるいは 覚えることを減らす

暗記科目の代表にされがちな化学ですが、全てを暗記することも不可能とは言いませんが・・・。

やはり覚えることは最小限にしたいもので、そのためには反応のタイプごとに原理を理解していくことが必要になります。

そこで大学初年度程度の話題まで掘り下げて元素の性質を紐解いていきます。

元素の性質から反応が起こる理由がわかるため、反応式を暗記していたことが馬鹿馬鹿しくなることでしょう。

身につけた知識は徹底的に応用・活用するのが当教室のやり方です。

考えることによって、知識を生み出していくことができるのです。

化学結合に関するテキストの抜粋です。

 

覚える必要のあることは 覚えやすくする

そうは言うものの、やはり有機などは、ある程度覚えないといけないものです。

ここでも、極力丸暗記は排除して、大学の初年度程度の知識をわかりやすく織りまぜながら「理解した上で覚える」ように指導します。

納得して、理解した上なら覚えやすくなりますし、暗記では決して養えない初めて見る問題に対する応用力も身についていきます。

有機化学に関するテキストの抜粋です。

 

計算は避けられません

公式・解法マル暗記的な考え方では難関大には通用しません。

比の計算を中心に「なぜそのような解き方をするのか」を充分に納得してもらいます。