高校1年の罠

高校1年のピッチでこの先のことを考えているといろいろ間に合いませんよ、というお話です。

数I・Aは内容が薄すぎる

高校数学の中心を占める「三角関数」「指数・対数関数」「微分積分」「数列」「ベクトル」は、現行カリキュラムでは全て数II・Bに集中しています。数I・Aは何をしているのかというと、半分くらい中学の復習のようなものです。数IIIも含めた高校数学全体を10とした場合、数I・Aの分量は2か3程度でしょう。一貫校はもちろん、高校入試を経験した生徒に対しても数I・Aに1年かけるわけにはいきませんから、高校1年の終盤から数II・Bを扱っている学校は少なくありません。
高校生ともなれば問題演習は基本的に自宅で(数学だけでも毎日1時間以上)行うしかないのですが、高校に入ってすぐの内容が中学と代り映えしないのですから、自宅学習の習慣は着きません。この意識のまま数II・Bが始まりますと、ちょっとした躓きからわからなくなり、余計に勉強から遠ざかっていきます。人によっては、不安を払拭するかのように部活熱心になってみたりもします。
数II・Bのどこかで躓いたときに、躓いたことを自覚して対策を立てて行動するまでのタイムラグの間にも、また別のことで躓く可能性があります。こうなると全てが後手後手になってしまいます。理想を言えば、軽い数I・Aで余裕がある間に、先んじて数II・Bを勉強しておくことです。すでに、数II・Bが手ごわいと感じているなら、早期にアクションを取った方がよいと思われます。

理科基礎はどうなっているか

化学基礎や物理基礎といった科目も、同じような傾向があります。基礎のつかない化学や物理を10とするなら○○基礎の分量は3から4程度といったところでしょうか。
高校1年から履修することの多い化学はまだマシでしょう。3年かけて扱う学校も多いですから、全内容が終わらないということは考えにくいです。物理基礎が高校2年ですと、結構悲惨なことになります。基礎のつかない物理を履修するのは理系ですから、高校3年で残りの6から7くらい頑張ればいいのですが、高校3年の10月くらいには全部終わっていないといけません。12月からセンター対策に時間を取られますし、総合問題の演習にも時間が必要です。量が2倍弱になって期間は半分ですから、これはもう間に合うとは思えません。
やはり、苦しくなる前から先取りの勉強をしておいて、学校が復習になるくらいが理想です。

任せて安心?

学校で扱う内容を10とすれば、最高レベルの入試で必要なコトは14から16程度でしょう。これを高校3年の10月(数学などはできれば夏休み前までに)終わらせておかないと、入試問題の演習ができません。英語や国語といった、学年が関係ない科目に至っては高校2年の間に仕上げておくぐらいの気概で臨みましょう。
高校2年の秋くらいまでに部活などを切り上げ、それから入試モードにすれば間に合っていたのは、もはや過去の話です。週に数日、息抜きとしての部活は否定しませんが、高校1年から自分で考えて受験の準備していかないと危ない時代です。
どこかで「○○の言うことを聞いていれば大丈夫」と力説されたらこれは要注意です。経験上、このセリフを言う人は全然間に合わせていません。卒業生の証言やデータを分析し、自分にとって最適なプランを用意しましょう。誰もあなたの人生の責任を取ってはくれません。
一方で、準備は早ければ早い方がよいのか、というとコレも難しい面があります。飛び級で説明を理解させることは簡単です。しかし、知識を運用して論理を組み立てるにはある程度の精神年齢が必要です。勉強さえしていれば試験で得点できるというわけではなく、人生のいろいろな経験を積んでおくことも(試験のためだけでなく、若い時ほど)大切です。また、受験対策が長期になるとやはりダレてきます。早くに始めたものの、実力試験で結果が出ていないのであれば、やはり計画を見直しましょう。

 

結局のところ、最終局面を想定しながら、日々計画を立てては修正・調整をしていく能力が求められます。言われたことをがむしゃらにやればそれなりに結果が出ていた時代が懐かしく感じられます。

Filed under: 受験情報 — webmaster 23:28

入試の現場

じっくり問題に取り組む、と聞いて悪いイメージを浮かべる人はそれほど居ないと思います。思考力を養う一貫として静かに深く考えるというのはもちろんアリなのですが、大学入試の問題程度で長考していてはいけません。確実に落ちます。

数学を例にとると、多くの場合
・90分で大問3つから4つ
・120分で大問4つから5つ
・150分で大問5つから6つ
という分量が出題されます。
大問1問あたり使える時間は25分から30分であると割り出せますね。
答案用紙に清書する時間もありますから20分から25分でいきたいところです。

この大問1つは4つか3つか2つの話題を組み合わせて作られていると思ってください。
教科書傍用問題集、いわゆる4STEPやサクシードや体系数学といった問題集の
・難易度中程度の話題なら4つ
・難易度が高い話題だと2つ
くらいの重さになります。

例えば
・指数・対数の関数を簡単にし
・三角関数の取りうる値の範囲を求める
・そこまで出てきた式を領域として図示して
・その図を使って最大・最小の値を求める
といった感じで中程度の難易度の話題4つが大問1つ分になります。
悪いことに、理科の場合はもっと時間不足です。

それぞれの処理を5分程度で抜けられないと、入試では得点できないとわかったと思います。
仮に、ある大問にこれ以上の時間をかけて得点できたとしても、その掛けすぎた時間で解けなかった大問が発生するわけで、これでは本質的には失点していることと変わりません
もちろん、一度で正解できないといけません。

はじめて取り組む話題を理解するために時間がかかるのは当然のことで、じっくり取り組む必要があります。しかし、問題練習をする段階になったら『5分で確実に正解できる』かを気にしながら勉強すると後々助けになります。
どうやっても『5分で確実に正解できる』状態にならない分野があるのなら、それは解き方から変えないと解決しないでしょう。
一刻も早く相談してください。

この『5分で確実に正解できる』状態のことを、私は「取れる」ようになったと呼んでいます。正解は出ても時間がかかったり、1度で正解できなかったものは「解ける」です。
同じように『他人に説明できる』状態になってはじめて「わかる」というレベルだと言えます。授業を聞いただけではまだ「知ってる」止まりです。

Filed under: 受験情報 — webmaster 00:47

高校の勉強・入試の勉強

高校はそもそも幅広い教養を身につける場所ですから、さまざまなものの見方・考え方を習得することになります。ひとつの話題に対して多面的に分析・紹介し、いくつもの手法を聞くことになるでしょう。知的好奇心が旺盛な生徒にとっては楽しい状況といえます。

一方の大学入試では、大学の講義についていくだけの学力があるかを測定します。知識や技能を運用して合格最低点を越えなくてはなりません。
もっとも、大学の講義についていくために必要な知識や技能が何であるのか、高校生には判別できないのは当然のことです。ある科目で習うことをどのように他の科目で利用しているかといった話題は、各科目の先生でも目が届かないことがあります。そのため我々-受験産業-が存在しているわけです。

さて、高校の授業と大学入試で「数学」や「物理」のように同じ科目名のものがあります。また、学校指定の問題集には大学入試の過去問も掲載されています。
だからといって、本来の目的が異なるのですから高校で扱う解法と入試用の解法は同じではありません。
試験時間内に高得点を狙うには『幅広い状況で通用する解法』『計算の手間や時間をかけずに正解できる解法』を繰り返し練習して身につけておかねばなりません。
『ある問題だけは綺麗に解ける方法』は聞いている分には楽しめるでしょうが、その方法を使う機会は二度と来ないかもしれません。『計算力を前提とする方法』を知ったところで、どんなにがんばっても計算ミスは確実に発生します。

かつて、当教室で物理だけ受講している生徒がいまして、よくできる生徒なのですが高3の秋にどうしてもセンター数学が時間内に解き終わらないと相談を受けました。頭の中の解法を絞るように指示したところ、はじめは怪訝な顔をしていたもののすぐに改善しました。知っていることが多すぎて、試験場で解法を取捨選択しているうちに時間だけが過ぎてしまっていたのです。知識を減らす必要はありませんが、試験場で使う解法は少なくしておかないといけません。

塾に在籍しているからには、入試を突破することを目的に勉強しているハズなのに、珍しい話が聞けて楽しかったかどうかを気にしていたり、出題されるとは思えない設定を妄想して苦悶しているという状況をしばしば見かけます。
真面目に勉強していれば、どこにでも自動的に合格できるわけではありません。得点できるように、合格するように勉強しないとハイレベルの戦いでは勝てません。理由は単純で、上位層には『幅広い状況で通用する解法』や『手間や時間がかからずに正解できる解法』を学んでくる人たちがある程度の割合で存在するためです。

勘違いしてはいけないことですが、高校の勉強は大切です。
高校の教養も身についていないようでは、この先の教育を受ける資格はありません。
入試の勉強ばかりしているのでは、人生も彩りの乏しいものとなるでしょう。

しかし、入試を突破するためには、どうやったら得点が増えるか常に考えながら勉強していく姿勢が求められます。
努力はしているつもりでも、自分に何が足りないのか・どこをどう改善したらいいのかわからないのであれば是非相談してみてください。

Filed under: 受験情報,雑感 — webmaster 00:44

夢・目標・計画

(2012.03.08 前ブログから持って来ました)

本日は、受験勉強に臨む段取り・心構えについて
「○○大学に行きたい」「△△学部に行きたい」 これは夢です。多少無理かなって思うような夢でも構わないです。

 

動機はいろいろでも、とにかく夢があれば次に立てるのは目標です。 それには目指す学力に比べて、現状どの程度なのか知る必要があります。 これは模試の役割です。模試を受ける高校生が減っていて心配です。

 

「学校でこれくらいだから、この大学は無理?」などと聞きますが、 学校の成績と受験の実力はまた別です。ここはきちんと『高3用の模試』 で計測しましょう。まだ、高2・高1だからといって遠慮は要りません。 どんどん『高3用の模試』を利用するべきです。理由はいくつもありますが、 簡単に言うと、なるべく本番に近いデータの方が、より正確ということです。

 

さて、蓋を開けてみると・・・ 得意だと思っている科目でも歯が立たないかもしれません。 学校での苦手科目が、実はそれほど悪くないかもしれません。 どのような結果であっても、それが目の前の現実です。 悪い結果でも、真っ直ぐ捕らえて対策を立てれば良いだけのことです。

 

結果を受けて、一番偏差値の低い科目から対策を考えます。 知識の量、思考の深さ、表現の技術など課題は人それぞれでしょう。 (この分析が一人でできないなら、できるひとに相談です。) 覚えなくてはいけないこと、解くべき問題量、読むべき書籍が自動的に 決まってきます。これをできるだけ数量化します。
覚えなければならない単語集1冊→うわっ、2000語も・・・  解くべき問題集1冊→ん~この本には200問もあるのか・・・ という感じです。あとはこれを8くらいで割ります。8週間の8で、2ヶ月です。 1週間でやるべき量が決まります。上記の例なら単語250語と問題25問ですね。

 

さらにこれを6で割ります。6日の6です。7でもいいですが、週に1日くらい休みた いでしょう?これで1日あたり50単語と5問になりました。 これが計画です。ここまで数値化しないと計画とは呼べないのです。 なぜなら、達成できたかどうかの判定ができませんから。

 

50単語を20回ずつ紙に書くなり、単語帳をつくるなり・・・頭に入る方法 を各自工夫してみましょう。自分に合う方法を見つけるのも勉強です。 1問解くのに10分から15分です(これ以上悩んでも効果ないです)から、 それぞれ1時間くらいずつかかることでしょう。

 

これを必ず1週間から10日は続けてください。 計画の段階で「これ自分はできるかなぁ?」と不安になったり、 始めてみると「やっぱりキツい><;」と挫折しそうになるでしょうが、 この数日を耐えられるかどうかが勝負です。 とにかく、勉強を続けている『型(かた・かたち)』を先に作ってしまいます。 覚えたはずの単語の半分を、翌日に忘れていてもいいです。 今日は1時間で3問しか解けなかった、でもいいです。 (ただし、わからないことはすぐに質問して翌日に持ち越さないように)

 

実際に必死にやってみると5日目くらいから体が慣れてきます。 最初の3日で負担を軽くしてしまっては、体が慣れませんからいつまでも 同じ調子です。それに、1日あたりにやることを減らしては、期限までに 目標に届かなくなってしまいます。 世間で流行りの「自分のペースで勉強できる」というのも考え物です。 受験は誰にでもほぼ同時にやってくるのですから。

 

2週間過ぎたあたりで計画を見直してもいいでしょう。 自分が耐えられる負荷がわかってきますし、コツを掴んで勉強のピッチも 上がります。おそらく上方修正(予定より早く終わる)になるはずです。 元々、余裕を持って計算してますしね。逆に、1つのことをあまりダラダラと やっているもの、集中力が切れますから感心しません。

 

ここまで読んで「こんなことやってもしょうがない」と思ってませんか? 「効果があがらなかったらどうしよう」とか「どうせ無理だし」とか ネガティブになっていませんか?それでは元に戻ってしまいますよ!

 

どんなにいい講義を聴いても、生徒の学力の伸びは限られます。 毎日コツコツが最も大変で、そして一番の力になるのです。

 

これは「どうして?なんで?納得いかない!」というものではなくて、 我々の住む世界は(勉強に限らず)そういうルールで動いているのです。 逆に、経験値を溜めればすぐにでもレベルアップできる世界なのです。 『型』を作っておくだけでも、経験値は溜まっていきますが、 話を聞いているだけでは殆んど経験値にはなりません。

 

実際に『型』を作ってみれば、すぐに誰でもわかることなんですけどねぇ。 努力もせずに、評論家になっている高校生が多いです。

 

無駄な努力なんてありません。自分で努力した量が最後にものを言います。 試験場で一人で躓いたときに力が出るかどうかは、自信の有無です。 この自信は「あれだけ頑張ったんだから」という経験がベースなのです。 そういう面でも、負担に感じるくらいの勉強を日々しておく必要があるわけです。

 

高校2年・1年から継続していれば、大抵の夢は何とかなるものです。 まずは毎日1時間ずつ英語と数学を勉強する癖をつけましょう。 (もちろん音楽やPCや携帯は遠ざけてですよ!)

 

勉強する『型』を続けていれば、また違った見方になってきます。 登る前の山は高く見えても、登ってみれば大したものではありません。 そして、いい景色が待ってます。 下界で山を眺めているだけの人には一生味わえません。

 

登山を少しでも楽しく・効率よく・安全にということであれば、 いろいろ知恵や工夫があるわけで、それを提供しているのが当教室です
Filed under: 受験情報 — webmaster 12:44

志望校を決める?

(2012.03.08 前のブログから持ってきました)

生徒曰く「高校1年のうちに進路・志望は決めておくものだ、と家に届いたダイレクトメール書いてあったのですが、本当ですか?」

 

高校3年の春から秋の間の半年で5回も志望校変えた生徒もかつてはいました。 それも医学部と経済学部の間で・・・それでも現役で受かりましたよ。
志望校を『決める』という言葉には随分幅がありまして

  • なんとなくあこがれる
  • 学園祭にでもそのうち行ってみようか
  • 目標として設定する
  • 目標に届くために死ぬ気で勉強する
  • 過去問と願書が今すぐにでも欲しい

おそらくその文章を書いた方は上の方の意味だったんじゃないかなと。 (そうでない可能性もありますが、それはあとでのお楽しみ)
あこがれるだけならタダですし、何らかの目標があるほうが頑張れる生徒なら目標を設定して、周囲にもジャンジャン公言すればいいですよ。でも、別に何か決めなくてもやるべきことはやるよね、と淡々とやるタイプの生徒もたくさんいます。

要は、勉強するモチベーションが保てればいいんです。 目標を高く掲げて、気分だけ高揚して何も勉強しないなんて生徒もいるはずで、これでは意味がありません。

 

いざ、(下のほうの意味で)決める!ときは模試のデータやら普段の授業の様子から助言します。【現時点の実力】と【これからの伸びしろ】と【その生徒のものの考え方】と【その大学の問題との相性】を総合的に判断してアドバイスします。 データだけを見て『ここは受けるな』とか『ここを受けろ』なんて命令する大人に何度か遭遇するかもしれませんが、全くあてになりませんので気にしなくてよいです。

 

自分の人生なのだから、是非自分で判断してください。 そうしないと、どんな結果でもいつか後悔します。
志望校なんて出願直前まで変動するものですよ。センターの結果でも変わるし。

 

 

 

 

 

最後に「無料で届いたものが極端なことを言っている」件について。 無料で届くのはだれかが送料を負担しています。印刷代もです。 そこまでしたら、お金をどこかから集めないといけません。 当然それは送りつけられた人、つまり皆さんから頂くことになります。 送られるものが多いほど、校門の前で配るおまけが多いほど、多くお金を集めたいわけですから、売りつけるための工夫が必要。

 

文面に釣られて志望校を決めて、その広告主のところに行くと 『そっかー、○×志望ならこの授業もあの授業もとらないとね~』 と始まるのでしょう。あくまで、推測ですがね・・・。 その広告に料金や講座が明示されてなければ、面談しないと詳細が明らかにならないのであれば、ますますアヤシイ。

 

最初に、何かおかしいんじゃないか、と思った生徒の感覚はたぶん正しいです。
Filed under: 受験情報 — webmaster 12:41

入試基礎レベルの参考書・問題集

(2012.03.08 前のブログから持ってきました)

 

今日は参考書・問題集の話題です。
本屋に行くと真っ先に感じるのが「売り場面積が小さくなったなー」ということです。 10年でざっと3割くらい?減ったでしょうか。 当然、出版されなくなった問題集があり、一方で新しく出回るようになったものもあります。

 

新しいものの方が従来のものより解説等詳しくなったんだから いいことのように感じますが、そうでもないです。新しく出版されたものの多くが 「学校の定期試験」程度であれば通用するものの 「(上位の)入試の基礎レベル」まではカバーできていないと思いました。 偏差値でわかりやすくいうと 45から55程度のレベルはカバーするが、 55から65程度をサポートする書籍がない、感じです。一番人口の多い偏差値50前後に集中してしまうことは、 出版業界も生き残りをかけているので理解できますが、 教材がない高校生を考えるとかわいそうなことです。 学校ではそこそこ取れているのに伸び悩んでいる、 という層にとってはいくら書店で探してもなかなか レベルに合ったものがない、という状況です。
一方で、その上のレベルは「なんとなく残されている」(笑
従来から一般の高校生には難しすぎるのですが、 競合するものもないのでそのままなのでしょう。 もっとも、このレベルが『理解』できたところで、対応する 問題集がない(なくはないけど問題数が足りない)状態なので 練習不足になって、頭に定着しません。

以前から偏差値60前後をターゲットにした参考書・問題集は それほど多くはなかったのですが、ひょっとすると対象になる人口が多くない

本で勉強する人も減る

売れないから出版中止

勉強する手段がない

ますますこの層が減る

という流れになっているのかもしれませんね。

偏差値50前後の書籍でいいじゃないか、十分間に合ってる という声もあるかもしれませんが、はっきりいって 50前後と60前後では解き方・理解の仕方が違うんですよ。 50前後(学校のテスト程度)なら公式の暗記で済むようなことも、 60以上(上位の入試)を狙うとなると公式の導き方などの背景を 理解していないといけません。 これは自力ではなかなか気付けないので書籍なり教師なりの サポートが必要になるわけです。

この2つの解き方に、分野によってはかなりの差があるため 「その解き方は今後使ってはいけません」 と授業中に言わなければならないことすらあります。 定期テスト対策といえども、折角勉強するのですから、 はじめから上位を狙った解き方にしておきたいものです。

2014.04.08追記
共通数学に続いて、昨年までに化学・物理のテキストを大改訂しました。
従来の「解法のポイント」や「例題」「練習問題」に加えて、「用語の解説」「現象の説明」なども追加し、いつでも説明を読み直すことが出来ます。
当教室のテキストだけで大学入試は大丈夫と言えるものになりました。
新テキストは見学・体験授業の際にご覧いただけます。
Filed under: 受験情報 — webmaster 12:37